祈り

神さま、あなたの愛に感謝します。

父親が両手で幼な子を抱きかかえるように、あなたは私たちを愛してくれます。

こうして愛されている私たちが、あなたの愛に依ってあなたを愛し、そして隣人を愛していくことができますように。

 

 

罪深い私はいじけた心を持っています。

すぐにあなたから背いて、日常の小さな悪魔のささやきに耳を貸してしまいます。

人が親切にしてくれないと嘆いてしまいます。

 

 

ですが、本当はあなたからの愛だけで十分満足だと、これほどの恵みをいただいているのに何を拗ねる必要がありましょう。

 

 

どうか日々を聖霊の光で照らしてください。

私が見えない暗闇を見えるようにし、悪魔のささやきから私をお守りください。

 

 

主イエスによって➕

 

 

 

小鳥の歌―東洋の愛と知恵

小鳥の歌―東洋の愛と知恵

 

 

 

ゆるしについて

主の祈りはほとんどが神にいろいろなことを願う祈りになっています。その中で、たった一つだけ人間がするべきことが記されています。それは私たちが人をゆるすことです。

 

 

道しるべ―霊的生活入門

道しるべ―霊的生活入門

 

 

 

神に感謝

 

 

怒る・我慢する

・意見の相違、話し合いで折り合いがつかない時

・そんな時は怒るか、我慢することが多い

・今日良い気づきがあった

・怒る、我慢するの二択ではなく、神様が気付かせてくれた

・今、怒りそうになってる、と

・それを外部から見る私がいて、怒るでもなく、我慢するでもない、新たな地平が見つかった

・そこは安心感があった

・相手の言い分や思いを考える余裕を得た

 

神に感謝

 

霊操 (岩波文庫)

霊操 (岩波文庫)

 

 

 

 

今日生きることを誓う

私の生命は輝く

 夜明けが歌うように。

私は自由のうちに歩む

 確かな約束のうちに真の夢に包まれて。

私はいつも前に進む

 私の前に守られた小道を。

私の希望という果実は

 私の生命の果実となるだろう。

今日私は愛することを約束する。

 私の愛は語るだろう

感謝のひびきをもって

 神の憐れみのうちに、憐れみの心を抱きながら。

私の信仰の実りは

 あふれんばかりの微笑みをもって、

雨のように喜びが満ちあふれるなかで

 私が人に与え、私自身を与えるよう、振るいたたせ

私のいのちの果実となるだろう。

 

(ミッチェル・ジョン・ファシェン)

 

 霊操とエニアグラム

霊操とエニアグラム

 

 

 

忙しい人を支える 賢者の生活リズム

日々の生活習慣について見直そうと思っていた時に偶然に出会った本。

とても実践的な本で、生活習慣の改善ができたのとともに、一つ一つのものごとを大切にして取り組むことができるようになった。

 

忙しい人を支える賢者の生活リズム

忙しい人を支える賢者の生活リズム

 

 

カナダのバンクーバーで牧師をされているケン・シゲマツさんの著作。原題は「God in My Everything」。

キリストとの交わりの中で、日々の生活をどのように習慣づけるか説明されている。計画的な習慣の重要性を軸として、安息日や祈り、日常の大部分を占める仕事、友人との関わり方や性生活についても書かれており、神の前でどのように生活を送っていくべきか考えたいすべての人におすすめできる本となっている。

 

特に心に残ったところは以下

安息日

・祈りのACTS

・イグナチオの良心の検討

・断食

・遊びは回復力と瞑想を助ける

・霊的友情の目的は、キリストへの愛において成長すること

 

 

 

 

 

 

 

「子供の心」を求める祈り

イエズス会のレオニス・デ・グランメゾン神父)

 

神の御母、聖マリアや、泉のように清く澄んだ幼子の心を保たせてください。

悲しみにもくじけない心、あわれみを持って寛大に与える心、感謝を忘れず、どんな辱めを受けようとも恨むことのない誠実で、寛大な心をお与えください。

報いを期待せず、謙遜に愛する柔和な心を持たせてください。天においてのみ癒やすことのできる傷を受けたイエス・キリストの栄光の受難を思い、どんな忘恩にあってもどんなに冷淡にされても、閉じることのない開かれた心をお与えください。

 

目で見る聖イグナチオの霊操入門

目で見る聖イグナチオの霊操入門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリストにならう

「キリストにならう」は、カトリックを信仰する者としてだけではなく、誰にとっても良い学びの書となると思います。 特に仕事で苦しんでいるときに読むと、自分の悩みの原因を究明でき、荒みから自分を解き放つことを助けてくれます。

キリストにならう

キリストにならう

 

 

 

 

 

 

 

 

心の動き

神様を愛し人を愛することを願っていても、すぐに自分の事情に心が奪われる。

そんな時、私の心はざわざわし落ち着かない。

焦燥感にとらわれ心が乱れる。

 

乱れていることをどこかで分かっている自分がいる。

これは聖霊の働きだと思う。

 

一方でその働きに目を背いて荒みに突き進み私がいる。

人に対して辛辣な態度をしたり、とにかく愛に欠けてしまう。

 

ここをもっと祈っていくことが私には必要だろう。

 

 

修道士手編み 天然石ロザリオ ソーダライト

修道士手編み 天然石ロザリオ ソーダライト

 

 

 

教会に興味を持った方へ

教会ってどんなところだろう、行ってみたいけどちょっと怖いなと思うことがあるかもしれません。

次のリンクを読んで頂けると安心して行ってみることができると思います。(カトリック

 

ゆりこさんのはじめての教会

初めての方へ – カトリック多摩教会

 

カトリックの信仰生活がわかる本

カトリックの信仰生活がわかる本

 

 

 

 

 

 

 

 

キリスト教に関心を持った方へ

おすすめしたい本は、マーリン・キャロザースさんの『賛美の力』です。

この本で救われた人は多いと思います。

あなたが今、困難の中にいるならどうぞ思い出してください。

 

 

讃美の力―神の力を体験する道

讃美の力―神の力を体験する道